安物買いの銭失い

2008年12月19日

不景気のあおりで、なるべく出費を抑えたい。
「節約志向」だ。

最近、あまりコーヒーを飲まなくなったが、たまに飲みたくなる。
それで、一杯ごと抽出できるタイプのコーヒーを買ってきた。
ドリップコーヒーというんだったっけ。

有名なのは「モンプチ」。UCCのものもある。

節約志向なので一杯あたり19円という安いものをディスカウントショップで買ってきた。ブルックスではありません。

封を切ると、一杯分ずつ包装されていない。
高い製品だと、一杯分ずつ密封されているので、いつでも挽きたてのコーヒーを入れることができる。

一杯分ずつ包装されていないので、明日、明後日と時間が経つごとに、香りや風味は落ちていくだろう。

全部で20杯分入っているが、毎日1杯ずつ飲んでも20日間。
20日後は、味が落ちているだろうなぁ。

少々高くても、一杯分ずつ包装されて鮮度が保てるものを選ぶ方がいい。

いつでも挽きたての香りと風味。

安物買いの銭失いでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

パソコンや携帯の文字入力と漢字学習

2008年12月11日

学力低下が問題視されていたころ(今もされてるのかな)小中学生の書ける漢字が減ったことや、漢字の筆順が正しくないことなどが学力低下の1つのバロメーターのように言われていました。
小中学生に限らず、大人も漢字が書けなくなっています。

学力低下の要因としては、書けることよりも読めることの方が重要であると思っています。
学力が高いか低いかを判断する基準として、正しい筆順で漢字を書くことや、沢山の漢字をける事はあまり関係はないと思っていますが、漢字が書ける事を学力を基準に考える人は、昔の人間が出来ていた事を出来ないということで、能力が低いと考えているのでしょう。

自分は、漢字の筆順をおろそかに考えてはいません。正しい筆順で覚えるほうがよいと思っています。
それは、学力と関係があるというよりも、その方が美しい字が書けるからです。また、過程を大事にするということでも、筆順は疎かにしません。

漢字がかけなくなったのは、学力が低下した、能力が低下したというよりは、漢字を書く機会が減ったからだと思っています。

それは子供に限らず、大人もです。
なぜなら、パソコンや携帯電話の普及です。
字を書かずに、打ち込むようになったからです。

パソコンのキーボードで文字を打ち込むときに、筆順は全く必要ありません。むしろ、読めないと打ち込めない。
ですので、仕事の能力を向上するには漢字は書けるよりも読めるほうが重要です。
ですので、大人社会が漢字の筆順よりも読みを重要と考えているのです。
それが、子供に影響を与えていると考えたほうがいいでしょう。

書けない漢字を国語辞典で調べるという光景を子供が見る機会がないのです。
また、漢字を正しい筆順で書ける必要性やメリットを生活の中で実感できないのだと思います。

昔は、沢山の漢字を正しい筆順で書ける事は美徳であったし、仕事をする上でもメリットがあったのだが、今はそれを感じることができない。そもそも、「覚える」「暗記する」と言うのは「思考する」「創造する」という作業よりも面白みがありません。面白みがない事をなぜやるかと言うと、メリットや必要性を実感しているからです。その実感がなくなった場合は、あえて面白くないことはやらないでしょう。

パソコンや携帯電話といった新しいツールの影響が、国語学習に影響を来していると言えます。

しかし、英語圏ではどうでしょう。
パソコンで英文を打ち込むときは、単語のスペルがわからないと打ち込めません。手で書いていたときと変わりがないのです。
ですので、英語では新しいツールが国語学習に影響をがないと思えます。
あるとしたら、筆記体が書けなくなったのではないかということです。

さすが、コンピューターが英語圏のアメリカで発明されて発展しただけのことはあります。

キーボードも、もともとはタイプライターです。英語を入力するための道具です。

その道具が、仕事をする為に不可欠のものとなったのですから、漢字を書くことが廃れても当然のように思えます。

漢字を書くことは、仕事の能力としての価値観を訴えても誰も同意はしてくれないでしょう。
文化としての価値観を訴えるしかないと思います。

もちろん、社会の中でやはり手書きでないとダメだって部分は残っています。

例えば、郵便物の宛名とかですね。
会社の中で大切な相手に出す郵便物の宛名は、手書きでないといけないという文化はまだ残っています。
しかし、それも「印刷でも失礼じゃないでしょ?」って、変化していると思います。
年賀状の宛名も文面も全部印刷ってことは珍しくないですし、
そもそも年賀状を出すこと自体が減ってきていると思います。

年賀状も文化です。
年の初めに挨拶を送るって文化は残っていると思いますが、それが電話だったり、メールだったり、使うツールが変化しているために字を書く機会が減っているのだと思います。

だって、それの方が効率がいいですからね。
「効率が良い」ということは、現代では価値のあることですよね。
現代社会は「効率の良さ」を求めてきたのではないでしょうか?

勉強だってそうですよね。「効率の良さ」を求めていると思います。
「効率の良さ」を求めると「漢字を書く」よりも、パソコンを使うほうが効率がよいのですから。




ブログランキング・にほんブログ村へ