ジャスミンティー

2009年05月06日

実家にジャスミンティーがあった


実家に見慣れない箱がありました。。母が何か気持ちが悪いから捨てようかと言ってきました。

箱の雰囲気からすると中国の物のようです。
RIMG0040.JPGRIMG0041.JPG

振るとかさかさと乾燥した物が入っているのわかります。

中身を確認すると、丸くてころころした物が入っています。
ぱっと見、乾燥した虫のさなぎにも見えます。RIMG0042.JPG

匂いを嗅ぐと、ジャスミンの香りです。

箱のラベルには「茉莉?珠」と書いています。(三番目の文字は日本語ではないようで、パソコンでは入力できませんでした。)

「茉莉」はジャスミンの意味です。

銘柄をインターネットで調べてみました


「ジャスミンティー」や「茉莉」で検索しましたが、このジャスミンティーの情報は見つかりませんでした。
銘柄で調べたいのですが、3番目の文字を入力できないので「茉莉 珠」で調べてみても見つかりませんでした。
箱の記載からわかることは、原産地が福建福安であるということ、それもキーワードに加えて検索しましたが、このラベルの物はみつかりませんでした。

検索でみつかって、近いのは「茉莉珍珠」「茉莉龍珠」です。
しかし、この2つとも違うようです。

ジャスミンティーの入れ方がわからない


一先ず、普通のお茶と同じ様にお湯を注いで、3分ほど待って煎れてみました。
色が薄いので、もう少し時間を長くしたり、茶葉(っていうのかな?)を増やしてみたりしてみました。

RIMG0047.jpgこれは、濃い目。もっと薄くていいようです。

後から調べましたが、お勧めの蒸らし時間は1分ほどだそうです。
つまり、色は薄くてよいということです。僕は濃い目のお茶が好きなので濃くしましたが、薄くても充分ジャスミンの香りがします。濃くすると苦味が出て、逆によくないようです。
茶葉の量は、2gくらいがちょうどいいそうです。
同じ茶葉で5煎目までおいしく頂けるそうで、2煎目が最もいい香りだそうです。

調べずに煎れたお茶は随分と無駄なことをしてしまいました。
因みに、少し冷めて来てからの方が、味や香りが濃く感じます。

珠のようなジャスミンティーは初めてです


僕が、初めてジャスミンティーを飲んだは20年以上前です。
「海王」という中華料理店で初めて飲み、とてもおいしかったので茶葉を買って帰ったのが、僕のジャスミンティー初体験です。
そのときの茶葉は、こんな珠のようになっていませんでした。
おそらく、普通のお茶の茶葉と同じ様なものだったと記憶しています。

ジャスミンティーには、丸くしたものと、リーフタイプのもがあるそうで、通常はリーフタイプだそうです。丸めたタイプの方は、ジャスミンの新芽を多く使っており、こちらの方が高級だとのことです。

煎れた後の茶葉は、丸かったものがこのように広がります。RIMG0044.JPG
最初は、花かと思いましたが、手で開いてみると、新芽だとわかります。RIMG0049.jpg

ジャスミンティーを眠れなくなる


「オリビアを聴きながら」の歌詞に、「ジャスミンティーは眠りを誘う薬」とありますが、実際はジャスミンティーを飲むと眠れなくなります。
それと、おしっこが近くなります。

お茶ですからね。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ペットボトルのキャップのリング

2009年05月05日

ごみの分別してますか?
ペットボトルはリサイクル時、キャップとパッケージフィルムはプラなので、外して捨てなければなりません。

キャップをあけた後に口部分に残ったプラスチックのリングもプラなので、切り取って外すのが徹底したごみの分別です。

しかし、このプラスチックのリングを外すのが面倒くさい。
手では外れないし、爪を立てて外そうとすると爪がはがれそうになり危険です。

はさみで外すのも、はさみが壊れそうですし、簡単には外せません。

こういうのって、きっとアイデア商品が発売されているはずと思って検索してみるとありました。

リサイクルツール ハイ!環良!!
アイデア商品らしいネーミングです。

ところで、このリンクじたいをもっと取り外しやすいように改良することはできないのでしょうかねぇ?

ペットボトルのキャップとラベルを分別していると、そのやりやすいように工夫しているメーカーやラベルを小さくしたりして無駄なプラスティックの使用を控えているメーカーは、エコに対する意識が高いのだろうと思ったりします。
ブログランキング・にほんブログ村へ