ダイエット4日目

2010年06月17日

ダイエットと書いているが、正確にはエクササイズだ。

「ダイエット」という言葉だと、食事を減らすとか、運動をして汗を書くとか、体重を減らすイメージが浮かぶ。

しかし、行っているのは、体重を減らすことではない。

体重を減らすのではなくて痩せることが目的だ。

痩せると言ってもいろいろある。
健康的に痩せるのと、不健康にがりがりになるのは大違いだ。

無駄な脂肪を排除して、ウエストのサイズを落とす。

これが、最終的な目的だ。

脂肪を排除するには、脂肪を消費しやすい体質にする。

言わば、肉体改造。

それにはダンベルエクササイズで、脂肪を燃焼する筋肉を増やすこと。

そうすれば、基礎代謝が上がり、脂肪が付きにくい体質になる。

脂肪を燃焼する筋肉は、赤筋だが、赤筋を身体につけるには、酸素を取り入れながら、筋肉を刺激する運動をすること。

ダンベルエクササイズは、大きく呼吸をしながら、ゆっくりとダンベルを動かすといいらしい。

ゆっくりとダンベルを動かすと、2kgのダンベルでもかなりきついことに気づいた。

本を読むと、どうも重ければいいという話ではないらしい。

ゆっくりと呼吸をしながら、エクササイズを行う。

これが、赤筋を身体につける運動になるらしい。


やはり、少し重めの2kgのダンベルを選んでしまったのは、運動でカロリー消費をするという、ダイエット妄想が抜けていなかったからだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39002753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック